ニューボーンフォトとは?由来、魅力、撮り方のアイディアをまとめました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
pixta_20010522_m_800

生まれたての赤ちゃんを撮影するニューボーンフォト。アメリカではスタンダードに行われ、現在では日本のママたちの間で流行中です。

そんなニューボーンフォトとはどんなものか、どんな魅力があるのかを解説します。

ニューボーンフォトとはどういうもの?

ヨーロッパやアメリカでは赤ちゃんが生まれると、遠方に住む家族や友人に「赤ちゃんが生まれたよ!」と報告するために、生まれたての赤ちゃんを撮影した写真付きカードを送る習慣があります。

そのカードで用いられる、生後間もない赤ちゃんの写真が「ニューボーンフォト」と呼ばれているのです。

ニューボーンフォト・カードは「バース・アナウンスメント(Birth Announcement)」と呼ばれ、赤ちゃんの名前・生年月日・身長・体重・生まれた時間を記して、家族や友人に無事の出産を知らせます。

InstagramやPinterestといったSNSの影響から、日本の雑誌・メディアでも徐々に取り上げられるようになりました。ここ数年で、生後2週間半くらいの赤ちゃんをかわいらしく撮影するニューボーンフォトが、日本のママたちの間でも人気になってきています。

ニューボーンフォトの魅力、メリット

@aonohanaphotographyが投稿した写真

ニューボーンフォトならではの魅力として、「ママの胎内にいたときのポーズを写真に収められること」が挙げられます。膝を曲げてくるんと丸まった形で、すやすやと気持ちよさそうに眠っている赤ちゃんはニューボーンフォトならではの姿です。

生後すぐの赤ちゃんは日中寝ている時間が長く、体内にいたときの丸まったポーズで撮影しやすいため、ニューボーンフォトの定番ポーズとなってきているようです。

子育てをふりかえるきっかけにも

ニューボーンフォト・マタニティフォトは、妊娠・出産の思い出をふりかえるきっかけになります。育児の悩みやストレスで憂うつになったとき、生まれたての子供の写真を見ることで初心に戻ることができたり、改めてがんばろうという気持ちになれるのではないでしょうか。

きっとマタニティフォトを撮りたくなる。体験談・エピソードをまとめました

こんなニューボーンフォトはいかが?アイディア4選

pixta_25331164_m_800

日本では、新生児だけでなく生後100日までの姿を撮影する「寝相アート」写真も人気です。ママがそれぞれ趣向を凝らした写真はSNSやブログにアップされていますが、赤ちゃんに対する愛情とアイディアがぎゅっと詰まっています。

1, カーペットや布で「物語の世界」を演出


絵本の挿絵のようなワンシーンをアレンジしたものはとても手が込んでいます。カーペットの色を背景に生かして、柔らかい布やフェルトなどで小物を製作して物語の世界を作っています。

2, 季節のイベントに合わせた撮影アイディア

sayakaさん(@sayaka___mkhr)が投稿した写真


季節のイベントに合わせて、クリスマス、お正月、お花見、海、鯉のぼり、ハロウィンなどにちなんだ写真も楽しいですね。クリスマスやお正月のアートはクリスマスカードや年賀状に使えるので、つい張り切ってしまいそう。

3, 衣装・コスチュームを手作り!

まゆさん(@mayutake1019)が投稿した写真


背景を工夫する以外にも、赤ちゃんにかわいい衣装を着せるアイディアもあります。生まれたての赤ちゃんが着用しても安心な、着心地の良いコスチュームをママが手作りする場合が多いようです。

4, ヘアバンド、コサージュなどでかわいく


ニューボーンフォト向けのアクセサリーもあります。海外のニューボーンフォトでよく見かけるアイテムですが、日本でもニューボーンフォト用の小物としてだんだん認知されつつあります。

チクチクしない素材やデザインに気を使ったベビーヘアバンド、手首に付けるリストレット、裸足に直接付けるベアフットなど、お花のアクセントでよりかわいらしい写真が撮影できます。

【まとめ】成長記録の1枚目に、ニューボーンフォトはいかが?

欧米由来のニューボーンフォトですが、若いママさんを中心にどんどん広まりつつあるようです。

我が子の成長記録として、その最初の1枚にニューボーンフォトで記念写真を残してみるのはいかがですか?

自然でオシャレな家族写真の出張撮影 fotowa

自分ではなかなか撮れない、家族全員の写真はプロにお願いしてみよう!
fotowa(フォトワ)では、経験豊富な出張撮影フォトグラファーの作品例をみて、選ぶことができます。
七五三やお宮参りなどのイベントはもちろん、何気ない普段の姿を写真に残してみませんか?

今すぐ見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
メニュー