ニューボーンフォト

【口コミ・撮影例まとめ】経験者から学ぶ!自宅ニューボーンフォト成功のポイント

ごあいさつ

こんにちは。fotowaのユーザーコミュニティ担当、櫻田です。
2017年秋に第一子を出産し、今年の春から職場復帰したママスタッフです。

産まれたばかりの赤ちゃんって、なんてかわいいのでしょう。
くもりなき眼、チュン!ととがった唇、ぎゅっとにぎったおてて、
お腹にいたときの名残を感じられる足の組み方に、プルプルのあしのうら。
…新生児がこんなにかわいいなんて、私は産まれるまで知りませんでした。

現在ニューボーンフォト(新生児の記念写真)をご検討されている方は、
無事にご出産され、赤ちゃんのお世話に奮闘されている
産褥期のお母さまが多いのではないでしょうか。

わが子がかわいいのは当然なのですが、
授乳やミルクの悩みや出産後の体のトラブル、寝不足に疲労
ゲップをうまく出させてあげられなくて、1時間トントンしたり(諦めて寝かせるとすぐ戻す!)
1時間でもいいから寝かせて!と思ったこともありました。

長い人生のうち、たった28日間とはいえ、
お母さんと赤ちゃんにとって濃密な思い出が詰まった「新生児期」。
この時期だけにしか会えない、本当にちいさなわが子の姿を素敵な思い出に残したいですよね。

今回はfotowaの自宅ニューボーンフォトをより具体的にイメージしていただけるよう、
実際にfotowaを利用された方のレビューから、成功のポイントをご紹介いたします。

  • いったい何時に予約すればいいの?
  • フォトグラファーへの連絡が不安
  • 実際どんな写真が撮れる?

などの不安をどうやって解消するのか、経験者のレビューでチェックしていきましょう!

続きを読む

メニュー