【関西限定?】お宮参りの「紐銭」とは?金額相場・ご祝儀袋の書き方を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「紐銭(ひもせん)」という風習をご存知ですか?

関西では、お宮参りの際に「赤ちゃんがお金に困りませんように」と願いを込めて、ご祝儀袋を産着に結びつける風習があるのです。

今回は「紐銭とはいったいどんなものなのか」「包むお金の相場」「ご祝儀袋の書き方」についてご紹介します!

紐銭は関西のしきたり?どんな意味や由来があるの?

紐銭(ひもせん)とは、大阪をはじめとする関西で知られるお宮参りの風習です。親戚や近所の親しい方からいただいたご祝儀袋を、赤ちゃんのお祝い着・産着の紐に結びつけます。

初めて知ったけど関西の風習らしい。 #紐銭 初めてのお小遣い

Kimiko Kさん(@kimiko.k.m)が投稿した写真 –

紐線には「一生お金に困らないように」という願いが込められており、もともとは「赤ちゃんのお披露目・お宮参りとして親戚やご近所にあいさつ回りをした際、麻紐に通した硬貨を、赤ちゃんの祝い着に結びつけた」ことが始まりとされています。

時代を経て、現在では「硬貨の代わりに、お金を入れたご祝儀袋を結びつける」というスタイルで落ち着いたようですね。

地域によって内容や名称に違いはあるの?

pixta_15154588_m_800

紐線は、関西・近畿地方では「帯銭(おびせん)」とも呼ばれています。また、名古屋の中部地方では「1年間(12か月間)お金に困ることのないように」という意味を込めて、麻紐に五円玉を12枚通して産着に結びつけます。(※うるう年には13枚になります)

また、お金以外にも、下記のような品物を結びつける地域もあります。どれも赤ちゃんの幸福を願う、縁起を担いだものばかりなんです!

犬張子(いぬはりこ)

「無病息災・成長」という願いが込められています。こちらは発祥の地である熱田神宮の周辺地域以外ではあまり知られていないようです。

扇子(せんす)

「人生が(扇子のように)開けますように」という願いが込められています。

でんでん太鼓

「裏表のない快活な子に育つように」という願いが込められています。

紐銭の付け方・お祝い着への結び方

pixta_20002883_m_800

紐銭をお祝い着・産着に結ぶ際には、次のような手順で結んでみましょう。ポチ袋などでいただいた際も同様の手順です。

  1. ご祝儀袋の上部(中央か左上)に、紐を通すための穴を開けます
  2. 穴に、紅白または金銀の水引や麻紐を通します
  3. お祝い着の紐に袋を結びつけて完了です

紐銭は「ご祝儀袋や品物が多いほうが、より縁起が良い」とされています。なお、近畿地方ではご祝儀のほかに、犬張子、扇子、でんでん太鼓などの縁起物も一緒に結びつけます。

ご祝儀の相場はどのぐらい?お返しは必要?

pixta_20409624_m_800

紐銭に結ぶご祝儀の金額相場は、1000円・3000円・5000円の3パターンが一般的です。

ちなみに、昔から「慶事におけるご祝儀の金額は『奇数』が良い」とされています。これは、中国の陰陽思想の「奇数は陽(明るくめでたい)、偶数は陰(暗い影)」という考え方に由来しているのだとか。

ただ実際には、地域の風習、家庭の方針、どの程度付き合いがある相手なのか……などによってもさまざまに異なりますので、あくまで目安として考えるといいでしょう。

お返しは必要?

基本的に、紐銭にお返しをする必要は特にありません。ただ「感謝の気持ちとしてお返しをしたい!」という方もいらっしゃると思います。

その場合は、ご祝儀の3分の1を目安に、赤ちゃんのお宮参りの写真を添えたちょっとしたお菓子を贈ると喜ばれるでしょう。

ご祝儀袋の選び方・書き方を解説

pixta_6920790_m_800

ご祝儀袋を選ぶ際には、熨斗付きの紅白または金銀の水引で、かつ蝶結びになっているものがオススメです。

蝶結びは何度でも結び直せることから「何度も繰り返せる」という意味で、結婚以外の慶事によく用いられます。また、熨斗は「のしあわび」の略式であり、慶事の際に縁起の良い海産物を贈った風習の名残です。

ご祝儀袋の書き方

ご祝儀袋の表書きは、水引の上に筆ペンで「紐銭」「御紐銭」「お紐銭」「ひも銭」「帯銭」「おひもせん」「御祝」などと書きます。

その次に、水引の下に贈り主のフルネームまたは名字を書けばできあがりです。

【まとめ】地域によって異なるやり方。ご両親・ご近所さんに聞いてみよう

紐銭は関東ではあまり知られていない、関西独特の風習ですね。紐銭も名古屋中部では犬張子を用いるなどぶら下げる縁起物に違いがあります。

地域性の強い行事のため、正しいやり方は一度ご両親・ご近所の方に相談しておくと安心ですよ。

お宮参りの出張撮影フォトグラファーを見てみる

お参りと一緒にお願いできるのは出張撮影ならではの強みです。
お宮参りの大切な思い出を、自然でオシャレな写真で残してみませんか?

お宮参り撮影に対応できるフォトグラファーの一覧をこちらから!

お宮参りの出張撮影フォトグラファーを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
メニュー