身近なアイテムで簡単!かわいい”寝相アート”の作り方とアイデア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

赤ちゃんの寝相を活かしたアート「寝相アート(お昼寝アート)」が最近、フォトジェニックだと大人気なんです。
でも、用意をしたり難しそうと思っていませんか?
今回は、そんなあなたにおすすめの簡単にできちゃう寝相アートのやり方を紹介します。100日記念日や誕生日などにぜひ挑戦してみてください。

ハートを並べるだけ


最初に紹介するのはとっても簡単なハートを使った寝相アートです。

用意するもの

  • 赤やピンクの紙またはフェルト

やり方

  1. 紙やフェルトをハート型に切り抜きます
  2. 赤ちゃんが寝ている周りに並べます

たったこれだけです!これなら気軽に挑戦しやすいですよね。
写真のように、違う色や大きさのハートを並べるとカラフルでよりかわいくなりますよ。


少し配置を変えて、赤ちゃんの手からハートが溢れているような感じに。
手にハートを持たせてあげるのがワンポイントです。

赤ちゃんも数字に!人気の100日記念


次に紹介するのは、100日記念の寝相アート。

用意するもの

  • フェルトの王冠
    フェルトは100均などで簡単に手に入ります。
  • 星型の紙
    市販のものでも、紙を切り抜いても◎
  • レターバナー
    お好みの文字がなければ、文字なしのものを買って上から紙でアルファベットを貼り付けましょう。
  • やり方

    1. 赤ちゃんを1に見立てて、その横に星で0を2つ作り「100」の文字にします
    2. レターバナーを「00」の上下に少し斜めになるように置きます
    3. 王冠を赤ちゃんの頭の上に
    4. 残りの星を背中部分に並べて完成です!

    布を買ったりするのは大変ですが、これなら身近に手に入るアイテムで簡単にできますよ。

    耳がかわいいクマさんアート



    次は少し難易度が上がりますがとってもかわいいクマさんがピクニックをしている寝相アートです。

    用意するもの

    • 茶色のお洋服
    • 赤いリボン
      タオルを真ん中で縛ったり、フェルトを切り抜くなどでも◎
    • 茶色い布
      ご家庭にあるタオルやブランケットでも大丈夫です。
    • 小さいバッグと水筒と造花
      造花は100均でも買うことができます。

    やり方

    1. 茶色い布を頭の上でくるくると丸めて耳にします
    2. リボンを首元に乗せます
    3. バッグに水筒とお花を入れて手の横に置きます

    余力があれば写真のように茶色と緑の布やタオルで木を作り、みかんを乗せて背景を華やかにすると、よりハイクオリティな寝相アートができますよ。

    ロンパースをスノボウェア風に



    最後は冬の赤ちゃんの必須アイテム「ロンパース」を使った寝相アートです。

    用意するもの

    • ロンパース
      カラフルな色だとよりウェア感が出ておすすめです。
    • 手袋
    • 白のタオル
    • 色のついたタオル(写真では茶色)
      ボード部分になるのでお好みの色を。
    • 白と黒の紙
      雪だるまと雪に使います。
    • ニット帽

    やり方

    1. 土台に大きな白いタオルを敷きます
    2. 赤ちゃんの足元に色のついたタオルを敷いてボード風に
    3. 小さい白いタオルで雪だるまになるように丸を2つ重ねます
    4. 雪だるまの上に、丸く切り取った黒い紙とニット帽を乗せます
    5. 白い紙を丸めて雪が降っているように散らして完成です

    凝っているようですが、意外と素朴なアイテムでできるんです。

    記念日に寝相アートを



    いかがでしたか?
    アイデア次第では、100均や家にあるアイテムで簡単にできるんです。
    fotowaでは寝相アートをかわいく撮ってくれるカメラマンがたくさん。
    経験豊富なカメラマンがアドバイスをしながら一緒に寝相アートを作ってくれます。
    100日記念やハーフバースデー、お誕生日にfotowaでかわいい寝相アートを撮ってみませんか?

自然でオシャレな家族写真の出張撮影 fotowa

自分ではなかなか撮れない、家族全員の写真はプロにお願いしてみよう!
fotowa(フォトワ)では、経験豊富な出張撮影フォトグラファーの作品例をみて、選ぶことができます。
七五三やお宮参りなどのイベントはもちろん、何気ない普段の姿を写真に残してみませんか?

今すぐ見てみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
メニュー