【fotowa撮影風景】ニューボーンフォトの撮影にお邪魔しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回は、若いご夫婦の間に生まれた待望の第一子・生後3週間目のJくんのニューボーン撮影にお邪魔させていただきました。

ニューボーンフォトとは、生後28日以内の乳児を撮影する新生児写真のこと。
もとはといえば、欧米で赤ちゃんの誕生を知らせる「birth announcement(バースアナウンスメント)」、いわゆる出産報告カードを送る習慣から生まれた記念写真のひとつです。

欧米では、このニューボーンフォトと赤ちゃんの名前、身長や体重を記して、家族や友人たちにカードでお知らせしていますが、そのニューボーンフォトの愛らしさから、日本でも最近ママたちの間で人気なのです!

とはいえ、新生児はまだまだ抵抗力も弱く、産後間もない母子にとっては心配事も多いはず。

というわけで、白羽の矢が立ったのは、ご自身も2児のママで、10年間医療の現場で子どもたちの笑顔を撮影してきた経験と、助産師と連携した撮影ができるベテランフォトグラファー・小峯さん

ご夫婦のご自宅についたら、Jくんにご対面……
の前に、まずは念入りに手洗い・うがいをすませ、マスクを装着。

「ママはきっと二次感染も心配されると思うので……」と細心の注意を払います。

お部屋の温度をちょっと高めの28度に設定しておいていただくように、事前にママたちに伝えておいたのも、配慮のひとつ。
赤ちゃんが撮影中、寒くないように部屋を温めておいてもらいました。(撮影は3月でまだ肌寒い時期でした)

今回の衣装はママが用意した「えだ豆くん」と「ニワトリさん」。

しかし、Jくんはなにやらご機嫌ナナメの様子。
ぐずるJくんをみて「ササッと撮影しちゃいましょう」とママはおっしゃっていましたが、小峯さんにバトンタッチすると、いつの間にか、すやぁ……

「赤ちゃんはお胸の前で両手をぎゅっとしてあげると安心するんです。手足が開いていると不安がるので」
と微笑みながら、手足を包み込むように握り、身体をゆらして優しく話しかけていると、魔法のようにJくんは夢の中に……

思わず、ママもパパも「すごい…慣れてらっしゃる……」と感嘆のため息です。

さぁ、深く寝入ったのを見計らって、いざ撮影!

小峯さんが持ってきた小道具も使いながら、まずはママが用意した枝豆くん!

手足がぎゅっとなった姿はまさに新生児特有のポージング。


あえて足を組ませてみたり、おててを頭の後ろに……セクシーポーズ!
さやに入った枝豆っぷりがキュートです。

おつぎは、ニワトリさん。

尻尾の羽がとってもかわいい衣装なので、こちらはお尻見せスタイル。
まあるいお尻の下できゅっと縮めた、おててとあんよもかわいい〜〜!

途中で「ふぁぁ」と泣き出しても、大丈夫!
小峯さんが優しくあやしてあげると、安心してスースー寝息を立ててくれます。

愛らしいニューボーンに夢中になりがちですが、せっかくなので、やはり撮っておきたいのが親子ショット。

スマホでバンバン我が子を撮っても、両親揃ってのショットはもちろん、母子・父子のツーショットだって、意外と撮れてないのが実情。

ママからも「親子写真もほしいです!」とお願いされていました。

ようこそ我が家へ――
そんな愛情がこもった親子ショットや、何気ない日常のお着替えシーンも撮影。

「こんな風にあやされていたんだ、とかこんな風に着替えさせてもらっていたんだということを知ることは、子どもにとっても親にとっても親子の原点だと思うんです。写真はひととひとをつなぐものです。わたしが自分の時にできなくて、撮っておけば良かったと思う写真を全部撮ってあげたいと思っています」

撮影後の感想をママにも聞いてみました

fotowa
産後間もない時にお邪魔してしまいましたが、撮影はいかがでしたか?

Jくんママ
ニューボーンフォトは撮りたかったのですが、産後だと撮影スタジオに出向く体力と精神的余裕がなかったので、自宅に来てもらえてよかったです。

fotowa
はじめてのお子さんで新生児ということもあって、心配なことや不安はありませんでしたか?

Jくんママ
赤ちゃんの撮影は大変なイメージがあったのですが、うまいことあやしていただき、想像以上にスムーズに撮影できたことに驚きました。

fotowa
衣装は、ママが用意されたそうですね。理想形が頭の中にあったのでしょうか?

Jくんママ
もともとは特になく、Instagramで探してイメージを膨らませていきました。
結構自分からイメージを伝える流れだったので、できれば、こんなポーズで撮ると可愛いなど、提案がもっとあればありがたかったです。

fotowa
ありがとうございます!今後の撮影に活かしますね。
これからニューボーン撮影を希望する同じママたちにアドバイスがありましたらお願いします!

Jくんママ
新生児の期間は長い育児の間でほんの一瞬しかないので、ぜひ記録の残しておくことをお勧めします!

fotowa
ありがとうございました!Jくんの健やかな成長をお祈りしております!

今回の担当フォトグラファー

小峯 亜美さん
小峯 亜美(こみね あみ)さんは、医療の世界で10年働いた経験から、子供達を不安な気持ちから笑顔に変えるのは得意とのことです。
助産師さんと連携して撮影ができる安心感から、特にマタニティやニューボーン(新生児)をご検討の方には大人気です。
ぜひ一度、小峯さんのその他のポートフォリオもご覧ください!

ニューボーンフォトの出張撮影についてもっと知る

ニューボーンフォトは、生まれて2〜3週間で撮るのが一般的ですが、まだしわしわだけど、とても神秘的でなんとも言えない可愛らしさがあって、近年は日本でも大人気になってきました。
けれど、撮影するために、スタジオまで生後間もない新生児を連れ出すには、心配事はいっぱいあります……
出張撮影なら、ご自宅までお伺いできて、赤ちゃんもご両親も安心して撮影に臨むことができます!

そんなニューボーンフォトを撮るに当たって、知っておきたいことをまとめチェック!

ニューボーンフォトをもっと知る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
メニュー