ニューボーンフォト(新生児フォト )とは?由来や人気の撮り方をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

赤ちゃんの生まれたての姿を撮影する「ニューボーンフォト(新生児フォト)」

そもそもニューボーンフォトは撮るようになったきっかけは?
いつぐらいに撮るのがおすすめ?
などなど、ニューボーンフォトについてご紹介します。

ニューボーンフォトとはどういうもの?

参照:https://fotowa.com/photographers/torune/reviews/2887

ヨーロッパやアメリカでは赤ちゃんが生まれると、遠方に住む家族や友人に「赤ちゃんが生まれたよ!」と報告するために、生まれたての赤ちゃんを撮影した写真付きカードを送る習慣があります。
そのカードで用いられる、生後間もない赤ちゃんの写真が「ニューボーンフォト」と呼ばれているのです。

ニューボーンフォト・カードは「バース・アナウンスメント(Birth Announcement)」と呼ばれ、赤ちゃんの名前・生年月日・身長・体重・生まれた時間を記して、家族や友人に無事の出産を知らせます。

InstagramやPinterestといったSNSの影響から、日本の雑誌・メディアでも徐々に取り上げられるようになりました。
ここ数年で、生後2週間半くらいの赤ちゃんをかわいらしく撮影するニューボーンフォトが、日本のママたちの間でも人気になってきているようですね。

ニューボーンフォトの魅力、メリット

ニューボーンフォトならではの魅力として、「ママの胎内にいたときのポーズを写真に収められること」が挙げられます。
膝を曲げてくるんと丸まった形で、すやすやと気持ちよさそうに眠っている赤ちゃんはニューボーンフォトならではの姿です。

生後すぐの赤ちゃんは日中寝ている時間が長く、体内にいたときの丸まったポーズで撮影しやすいため、ニューボーンフォトの定番ポーズとなってきているようです。

子育てをふりかえるきっかけにも

ニューボーンフォト・マタニティフォトは、妊娠・出産の思い出をふりかえるきっかけになります。
育児の悩みやストレスで憂うつになったとき、生まれたての子供の写真を見ることで初心に戻ることができたり、改めてがんばろうという気持ちになれるのではないでしょうか。

どんなニューボーンフォトが人気?

■被写体のモデルからはストックフォト撮影の許諾を得ております。

ニューボーンフォトを撮る時はどんな衣装や小物、ポーズが人気なのでしょうか?
おすすめの撮影の仕方をいくつかご紹介します。

おくるみ

参照:https://fotowa.com/photographers/watanabeuni/reviews/1539

赤ちゃんの体を布で包んであげる「おくるみ」
まだ生まれたての赤ちゃんは首や腰が座っていなく不安定なので、包んで固定してあげるとまるでお母さんのお腹の中にいたときのような気分になりとても落ち着くのだそうです。

なので、おくるみをすると寝てしまう赤ちゃんもたくさんいるのだとか。

動物の衣装

参照:https://fotowa.com/photographers/sesa/reviews/3077

最近はネット通販などでも色んな種類が販売されています。
うさぎやリスなどの耳やしっぽがついた衣装は写真にも映えて良いですよね。

衣装だけではなく、カゴやお花などの小物と一緒に撮るとより雰囲気がでるのでおすすめです。

「我が子にはどんな衣装が似合うかな?」そんなことを考えながら探すのもきっと楽しいですよね。

お父さんお母さんの手

■被写体のモデルからはストックフォト撮影の許諾を得ております。

新生児の小さな手とお父さんお母さんの手の大きさを比べるような撮り方も人気です。
あっという間に成長してしまうからこそ、生まれたばかりのまだ小さな手足を写真に収めておきたいですよね。

ご両親の結婚指輪と並べて大きさを比べた写真などもとても人気ですよ。

成長記録の1枚目に、ニューボーンフォトを

いかがでしたか?
生まれてからほんの数週間の貴重な姿を撮る「ニューボーンフォト 」、魅力的ですよね。

fotowaなら、ご自宅にカメラマンが出張。
赤ちゃんの負担を最小限に抑えながら、かわいいニューボーンフォトを撮ることができます。

育児経験のあるカメラマンさんもいるので、新生児期の赤ちゃんの撮影も安心してお任せできますよ。
時間や場所、撮影にについてなどお気軽にご相談ください♩

自然でオシャレな家族写真の出張撮影 fotowa

自分ではなかなか撮れない、家族全員の写真はプロにお願いしてみよう!
fotowa(フォトワ)では、経験豊富な出張撮影フォトグラファーの作品例をみて、選ぶことができます。
七五三やお宮参りなどのイベントはもちろん、何気ない普段の姿を写真に残してみませんか?

今すぐ見てみる

メニュー