七五三の家族写真撮影にふさわしい親や同行者の服装は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
七五三の家族写真の服装

子どもの七五三、同行する家族はどんな服装をしていいか悩みますね。

子どもだけの写真撮影なら家族の服装は自由ですが、一緒にお宮参りに行く場合や家族写真を撮影する場合、どんな服装にしたらいいか迷ってしまうでしょう。また、両家の祖父母を招待した際に記念写真を撮影する機会もあるため、服装に関しては事前に考えておく必要があります。

ここでは、七五三で家族写真を撮影する場合の服装について考えてみましょう。

主役の子どもの服装スタイルに合わせるべき?

和装の女の子の七五三記念写真

七五三の子どもの服装は和装・洋装どちらでもOK

七五三のお子さんの服装に厳格な決まりはありません。和装か洋装どちらでも構いませんし、お参りと写真撮影のときとで、和装から洋装に、洋装から和装にと着替える場合もあります。

家族の服装に明確なルールはない

そこで悩んでしまうのが、パパとママの服装でしょう。お子さんが和装なら和装で統一したほうがいいのか、洋装なら洋装に合わせるべきか、考えてしまいますよね。兄弟姉妹がいる場合やママが妊娠中の場合、服装はどうするべきかと悩む方も多いようです。

結論からいえば、七五三は昔から伝わる伝統行事ではありますが、服装に関して明確なルールはありません。地域や両家の考えによっても多少は異なりますが、多様性が認められつつある現代では、子どもや家族の付き添いの方の服装は格式張って考える必要はないのです。

例えば、子どもが和装なら付き添い者全員で和装にすれば確かに統一感はありますが、そこまでスタイルの統一にこだわる必要はありません。ただし、お参りする場所はお寺や神社ですから、その場にふさわしいマナーに沿った服装が無難です。

ママやパパも着物の和装スタイルにするなら

両親が和装の七五三の家族写真

七五三の機会に、お子さんと一緒に着物にしようか検討される方もいらっしゃるのではないでしょうか。お子さんが和装なら、ママはきれいな色合いの訪問着や付け下げ、あるいは明るい色の色無地が七五三のお祝いの場にふさわしいです。それでいて、主役のお子さんの着物よりも目立つことなく、落ち着いた印象になります。

パパは、和装でも洋装でもどちらでも構いません。和装にするなら、男性の羽織は必須です。袴は履いても履かなくてもどちらでも。パパだけ洋装にするなら、上下揃いのスーツが無難です。ジャケパンスタイルだと、子どもとママの着物に対して、パパがカジュアル過ぎる印象になってしまいます。

着物でも礼装や略礼装、普段着などの格の違いがありますので、付き添いの両親は、お子さんの着物の正礼装よりも格下の服装で、目立ちすぎないようにします。また、パパとママも着物にする場合は、着物の格を揃えることも大切です。着物なら何でもいいというわけではありませんので、気をつけてくださいね。

親がスーツやドレスの洋装スタイルにするなら

両親が洋装の七五三の家族写真

小さい子連れでのお参りや運転するとき、妊娠中などは、洋装のほうが何かと安心です。子どもが和装でも、パパママは洋装という組み合わせも多いので、統一感がないという心配は無用です。
ただし、あまりにカジュアル過ぎる服装では、子どもの正礼装の装いに対してちぐはぐになってしまいますので、洋装でもあらたまった服装にするのが基本です。

地域によっては、親も祖父母もブラックフォーマルというところもあるかもしれません。ただし、子どもが着物の正装でない場合、主役よりも格上の服装となってしまいふさわしくありません。
子どもがスーツやワンピースなどの洋装の場合は、親もスーツやワンピースなどにして、子どもよりも目立たない落ち着いた装いにしましょう。しかし、せっかくのお祝いの場ですから、ダークな色合いの服装にはコサージュやネックレス、明るい色柄のネクタイなどで華やかさをプラスするとよいでしょう

祖父母や兄弟姉妹など同行者の服装

着物とスーツでフォーマルにきめた七五三の家族写真

両家の服装は事前に決めておくと安心

七五三のお参りやお祝いの会食などで、兄弟姉妹の他に、両家の両親が集まる場合もあるでしょう。そこで、集合写真を記念に残すことも多いものですが、全員の服装がちぐはぐだと統一感がないだけでなく、両家の両親に気まずい思いをさせてしまうことがあるため気をつける必要があります。

たとえば、主役がラフな服装なのに、祖父母が和装の礼装で来てしまったため、主役よりも格上になってしまったということを避けなければなりません。しかも、両方の祖父母の服装の格が違ってしまっても、どちらもお互いに気まずいものです。服装については、あらかじめパパやママがお互いの実家の両親に伝えておくとよいでしょう

兄弟姉妹の服装は主役・親とのバランスを取って

洋装で揃えた七五三の家族写真

主役の子どもの兄弟姉妹も、親と同等の格の服装が理想です。しかし、フォーマルスーツや着物などをわざわざ準備する必要はありません。入園式や卒園式、入学式用などに用意した式服などがあればそれらを活用してもよいですし、幼稚園や学校の制服があればそれが正装になります。
それらの服がない場合は、セットアップ、ワンピースやブラウスにジャンパースカートなど、普段着ではないあらたまった装いだとバランスが取れます。くれぐれも七五三の主役よりも派手で目立たないように気をつけてあげてください。

年の近い兄弟姉妹なら、数え年齢や満年齢にこだわらずに、同時に七五三を済ませるのがおすすめです。

カジュアルスタイルも増えている

参拝中の姿を撮影した七五三のロケーションフォト

七五三のロケーションフォトでは自然な写真が人気

家族写真は、昔は家族が並んで真っ直ぐに正面を向き、全身を写す写真が主流でした。昨今では、そのようなかしこまった写真のほかに、スタジオでなくロケーションフォトやカジュアルフォトなどの、日常の一コマを切り取ったような自然な写真が好まれる傾向にあります。七五三でもそのような家族写真を記念に残したいと望まれる方も増えています。

カジュアルな服装でおしゃれにまとめるのもOK

神社やお寺のお参りをしたあとに、家族や親族でお祝いの食事会やパーティーをされるご家庭もあるでしょう。家族でお揃いの服装に着替えたり、両家の祖父母も交えてシャツとデニムのカジュアルスタイルで統一したりと、参加者全員でお祝いごとを楽しむケースも増えているようです。さまざまな趣向を凝らして撮影した記念写真は見ていて楽しいものです。
格式ばかりにとらわれず、子どもが着物でも、パパやママがラフなカジュアルスタイルでおしゃれにまとめるのも、オリジナル性があり記念になるでしょう。ただし、神社やお寺に参拝するときは服装マナーにも気をつけてくださいね。

カジュアルな服装で撮影した七五三の家族写真

11月15日に近い土日は、七五三の参拝客でかなり混み合います。混み合う時期や出産のタイミングを外して、空いている時期に撮影する家族も案外多いものです。地域や季節、参加者によっては、カジュアルスタイルがラクで準備しやすい場合もあるでしょう。自分たちらしい服装スタイルで家族のイベントを楽しんではいかがでしょうか。

どこで撮影したいかも重要なポイント

海が見える神社で撮影した七五三の記念写真

スタジオや参拝先で撮影することが多い

七五三の写真をスタジオで撮影する家族も多いでしょう。せっかくの記念行事なので、お寺や神社の境内で家族の誰かが写真を撮ったり、近くの誰かに撮影をお願いしたりして、家族写真を残すケースが多いのではないかと思います。その場所が七五三の参拝で有名な格式の高い寺社仏閣であった場合、七五三シーズンには遠方からもたくさんの人が集まり混雑します。ゆったりとあちこちで家族写真を撮影したいなら、七五三シーズンを外した時期のほうがおすすめです。

神社仏閣で記念撮影する際の注意点

注意点1:写真撮影が許可されているか事前に確認を

歴史が古く規模の大きい神社やお寺では、撮影に関するルールが決められているところもあります。一般の参拝客の境内での写真撮影を禁止しているところや、本殿の前や本殿の中は撮影不可、カメラマンの出張撮影禁止、事前申請や撮影料が必要というところもあるので、事前に必ず確認しておきましょう。

注意点2:たくさん歩くことを考慮した服装選びを

移動中や参拝中に歩き回った挙げ句、着物が着崩れたり汚してしまったり、髪飾りをなくしてしまったりというケースも起こりがちです。子どもも履きなれない草履をいやがって機嫌が悪くなり、いい写真が撮れないケースもあります。親も小さな子どもを連れての移動は大変ですよね。

よってそのような場所では、割り切って全員で洋装にするのもおすすめです。もしくは、参拝や撮影の時だけ草履に履き替え、移動中は普段の靴を履かせると良いでしょう。着付けの知識がある専門のカメラマンに依頼をすれば、なお安心です。

注意点3:撮影場所・参拝先の服装マナーに気をつけて

動きやすく過ごしやすい洋装にする場合も、TPOをわきまえた服装を心がけましょう。例えば、神社やお寺では、デニムや露出の多いスカートなどカジュアルすぎる服装は避けた方が良いでしょう。せっかくの七五三の記念撮影なので、安心して撮影できるように、服装マナーにも気をつけてくださいね。

【まとめ】主役は子供!参拝先に合わせた服装選びで安心して七五三を迎えよう

親・参加者の服装、3つのポイント:

  • 和装・洋装どっちでもOK
  • 主役の子どもを基準に服装の格を合わせる
  • 参拝先に合わせた服装にする

和装でも洋装でも、参拝先や撮影場所のマナーに気を配り、主役を引き立てられると素敵です。

こうすべきというルールにとらわれすぎず、自分たちらしいスタイルで思い出になる写真を残しましょう。家族みんなで撮影を楽しむ様子を記録に残すなら、出張撮影がおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る